HDD用サイドパット
 

HDDの緩衝材として採用されました。
通常パルプモールドの緩衝材は主に段ボールや新聞の古紙を使用して成型しますが、一度潰れてしまうと復元しないため、繰り返し落下試験を行う場合は、製品条件によっては衝撃値が高くなってしまう場合がありました。

今回は発泡PEからの切り替えということで、同等レベルの復元性が求められ、繊維長の長いクラフトパルプを配合することにより、弾力性があり、繰り返し衝撃に耐えられる緩衝材の開発に成功しました。


HDD用サイドパット
両サイドからの挟み込みで梱包します
HDD用サイドパット

 

 
戻る