5月の終わりに、地元JCの皆さんが、環境を考えるための社会見学の一環として弊社工場を見学にいらっしゃいました。
パルプモウルドに関して知識がなくても、古紙が見る見るうちに溶解されていく様子や、そんな古紙が金型に吸い付けられて全く違った形状のものに変わる様子を見ていただけば、なんとなくでも理解していただけるのかな・・・と思います。
また、お子様方には業務用掃除機を使った簡単パルプモウルド成型の実演にも、大変興味を抱いていただけました。
弊社近辺の遊歩道に、扶桑町の花であるひまわりを林立させようという試みに私たちも協力すべく、紙製の植木鉢をプレゼントしました。
夏には壮大なひまわり歩道ができるのを楽しみにしています。
成形機の前で 製品の結束
弊社では、学生さんから一般の方までさまざまなグループの方達の工場見学を受け入れております。
パルプモウルドに関して全く無知であっても、こんな物があるんだよ!ということだけでも知っていただければ、見学していただいた価値がある、と私たちは考えているからです。
パルプモウルドの存在を知るだけで、今まで全く気づいていなかった身近のショップや電気屋さんで使われているパルプモウルドに、多少なりとも意識が向くのではないでしょうか?