8月2日、隣町・江南市役所主催・親子教室が行われ、その中の1イベントとして、自主参加された50名の親子が工場見学に訪れました。
自主参加されただけにリサイクルに対する関心が強く、各々に製品を手にとってみたり、説明に熱心に聞き入る姿が印象的でした。
ただ、見学当日はいつもに増しての真夏日で、工場内は非常に過ごし辛かったかとは思いますが、最後までお付き合いいただきまして有難うございました。


弊社では、さまざまなグループの方達の工場見学を受け入れております。
パルプモウルドについて全く知らなくても、古紙の利用法の一つとしてこんな物があるんだよ!ということだけでも知っていただければ、見学していただいた価値がある、と私たちは考えているからです。